特色ある入試

横浜国立大学経済学部は一般入試のほかに次のような特色ある入試を行っています。

経済学部・経営学部共同教育プログラム AO試験

この入試は、経済学部が経営学部と共同で実施するGlobal Business and Economics教育プログラム(GBEEP)の入学者を選抜するための入試です。選抜は書類、面接及び大学入試センター試験の成績によって行います。出願時には外部英語試験の成績証明書、自己推薦書などの提出が必要です。入学後は経済学部に所属し、卒業時に取得できる学位は学士(経済学)です。

第3年次編入学試験

短期大学あるいは高等専門学校を卒業した人ばかりでなく、4年制大学に一定期間以上在学している人も受験することできます。募集人員(15名)中の5名程度は、社会人選抜とし、論文と口述試験により合格を決定します。募集人員の残りは一般選抜とし、出願に語学試験(TOEFL、TOEIC、ドイツ語技能検定、実用フランス語技能検定、中国語検定)の一定水準以上の成績証明書(または合格証明書)を必要とし、学科試験(経済学、法学)により合格者を決定します。

外国学校出身者入試

本学部の外国学校出身者入試は、帰国生徒入試と異なり、外国の学校教育を受けた理由(保護者の海外勤務等)を問いません。国際バカロレア、バカロレア、アビトゥアの資格を有していることか、外国で高等学校に最終学年を含めて学校暦2年以上継続して学校教育を受けており、海外の国家試験等の統一試験又はこれに準ずる試験を受けていることが受験資格です。書類面接による第一次選考合格者に対し、小論文と面接により若干名の合格者を決定します。


ページの先頭へ