概要

こんな人材を育てます(カリキュラム・ポリシー)

経済学科

ディプロマ・ポリシーで掲げた人材を養成するために、以下の教育を総合的体系的に行います。

  • 数学・外国語・情報処理の基礎的学力を修得させる教育
  • 経済の理論・応用や地域の制度・歴史などについてバランスのとれた教育
  • 貿易港横浜を背景とした国際色が豊かな教育
  • グローバル化する経済の仕組みを理解させる教育
  • 地域の固有な条件(制度・歴史・商習慣・法制度・環境など)を理解させる教育
  • キャリア形成を支援する教育

Global Business and Economics教育プログラム

  • 経済学を主専攻、経営学を副専攻として、経済学を学ぶことでマクロ的な分析能力や統計処理能力を習得させ、経営学を学ぶことで会計・財務分析能力など企業の経営戦略に必要な専門知識を修得させます。
  • 英語による専門科目を必修化することで、専門的な英語での思考能力を習得させます。
  • 留学(短期もしくは長期)を必修化し、実践的な国際交流教育を実施します。

授業科目体系

経済学部の基本的な授業科目は、カリキュラム・ポリシーを元に、以下の3点を意図して設けられています。

(1)全学教育科目(基礎科目、外国語科目、健康スポーツ科目、グローバル教育科目、イノベーション科目)と学部教育科目(専門基礎科目、専門基幹科目、専門応用科目Ⅰ、専門応用科目Ⅱ、専門応用科目(その他))との連携をはかり、学部教育が幅広い教養と学習によって支えられるようにすること。
(2)全学教育科目と学部教育科目に関する一貫した授業科目の体系化と深化とを図ること。
(3)社会科学分野における基礎学力、語学や情報処理などの基礎的スキルをしっかり身につけられること。

このため、学部教育科目の授業科目体系は、次の各科目によって構成されています。

a.専門基礎科目 b.専門基幹科目 c.専門応用科目Ⅰ d.専門応用科目Ⅱ
e.専門応用科目(その他)
 イ.特殊講義、 ロ.英語演習、 ハ.演習(ゼミナール)、 二.大学院共通科目
f. 海外学修科目 g. Global Business and Economics(GBE)科目 


ページの先頭へ