履修例

分野別4年間の履修モデルを示します。
各モデルに含まれる授業のほかに、経済学部の専門科目及び全学教育科目を履修する必要があります。また、これらは一例に過ぎないので、カリキュラムを理解するための参考としてご覧ください。

履修モデル1
(主分野)グローバル経済+(副分野)金融貿易分析

各国の経済事情を踏まえた高い国際コミュニケーション能力と経済学の専門性を身につけて、グローバル経済の発展に貢献できるグローバル・ビジネス人材を目指す場合の履修モデルです。

卒業後のキャリア・イメージ:日本企業の海外部門、外資系企業

※このほかに、経済学部の専門科目および全学教育科目を履修。

履修モデル2
(主分野)金融貿易分析+(副分野)経済数量分析

経済学の専門知識と統計・数理分析技能を身につけて、グローバルな金融ビジネスが抱える諸課題の解決に貢献できる経済金融エキスパート人材を目指す場合の履修モデルです。

卒業後のキャリア・イメージ:銀行、証券、保険業の基幹的人材

※このほかに、経済学部の専門科目および全学教育科目を履修。

履修モデル3
(主分野)現代日本経済+(副分野)法と経済社会

経済学と法律の観点から日本経済を取り巻く地域・社会問題を分析し、新たな社会メカニズムのデザインによってイノベーティブな解決策を提案できる地域・社会イノベーション人材を目指す場合の履修モデルです。

卒業後のキャリア・イメージ:中央・地方公務員、政府系機関

※このほかに、経済学部の専門科目および全学教育科目を履修。

履修モデル4(第3年次編入生向け):
(主分野)経済数量分析+(副分野)現代日本経済

すでに社会人としての実務経験を積んだ者や、他大学での一定の教育と社会的な活動を経てきた高い問題意識を持つ学生にも、本学部は経済学を学ぶ機会を提供しています。
以下は、統計・数理分析能力を身につけて、政策課題を客観的に分析し解決策を提案できる人材を目指す場合の履修モデルです。

卒業後のキャリア・イメージ:中央・地方公務員、政府系研究機関

※このほかに、経済学部の専門科目および全学教育科目を履修。


ページの先頭へ