統計資料部門 データベース

統計資料部門(データベース)

アジア経済社会研究センターではアジア国際産業連関データベース(YNU-Global Input-Output (GIO) Database)とアジア社会統計データベース(East Asian Database Project: EADP)の2つの独自データベース「アジア経済社会統計データベース」を構築・公開し、アジア社会経済と世界経済の連関やその影響に関する実証的・政策的研究に取り組んでいます。これら2つのデータベースはアジア経済社会研究拠点 (ReCESSA) のWebsite上で公開しています。

また、アジア経済社会研究センターは経済産業研究所 (RIETI) と共同で、産業別の実質実効為替レートのデータベースを構築し、経済産業研究所のWebsite上で公開しています。


ページの先頭へ