センター概要

アジア経済社会研究センター(CESSA)とは

アジア経済社会研究センターは、横浜国立大学経済学部附属の研究センターです。平成24年度概算要求特別経費(国際的に卓越した教育研究拠点機能の充実)を受けて、2012年4月に設立されました。アジアの経済社会問題を中心とする研究を行い、本学の研究と教育の向上に寄与するとともにその成果を国内外に発信することを目的としています。

研究部門

アジア経済社会研究センターは、アジア経済社会研究の国際的拠点として、経済学部の研究プロジェクトを企画、運営、推進する役割を担っています。経済統合と社会統合の両側面から、アジア域内諸国の持続的な発展に関する実証的・政策的研究に取り組みます。

統計資料部門

1. データベース

アジア経済社会研究センターではアジア国際産業連関データベース(YNU-Global Input-Output (GIO) Database)アジア社会統計データベース(East Asian Database Project: EADP)の2つの独自データベースを構築・公開し、アジア社会経済と世界経済の連関やその影響に関する実証的・政策的研究に取り組んでいます。データベースはアジア経済社会研究拠点Website上で公開しています。

また、独立行政法人経済産業研究所(RIETI)と協力して、産業別実質実効為替レート(Industry-Specific Real Effective Exchange Rate)のデータベースを構築し、経済産業研究所のWebsite上で公開しています。

2. 資料室

アジア経済社会研究センターの資料室は、センターの前身である貿易文献資料センター(1978年4月発足)の機能を引き継ぎ、アジアを中心とする世界の経済社会問題に関する資料(図書・雑誌・マイクロ資料・電子資料)、日本国内および国際機関・各国政府刊行の統計・年報・白書・報告書・学術雑誌・大学紀要等を収集しています。また、貴重書コレクションとして、横浜高等商業学校調査部の収集した昭和初期日本経済・産業関係資料や旧植民地関係資料も所蔵しています。

センター研究スタッフ

センター長教授中村 靖 (Yasushi NAKAMURA)
副センター長教授相馬 直子(Naoko SOMA)
助手岡山 香(Kaori OKAYAMA)

ページの先頭へ