1. 横浜国立大学 経済学部
  2. 入試・入学
  3. 経済学部入試情報(一覧)
  4. 【入試情報】経済学部の受験を検討されている皆様へ

【入試情報】経済学部の受験を検討されている皆様へ

横浜国立大学は令和3年度一般選抜の個別学力検査を実施せず、大学入試センターが実施する大学入学共通テストの得点を活用して前期日程と後期日程の選抜を行うこととしました。


現時点で新型コロナウィルスの感染拡大が収まらず、ワクチンや治療薬の開発にも時間を要するため、受験が本格化する2月〜3月に事態が改善するとは言い難い状況です。地元の各都道府県内で実施される大学入学共通テストと異なり、個別学力検査を実施すると全国から多くの受験生に県境を跨ぐ移動を強いることになります。ウィルス感染の危険が高まり、受験生とそのご家族に多大なご心配をおかけするだけでなく、ご健康へも深刻な影響を及ぼしかねません。こうした事情を踏まえて、本学は個別学力検査の実施を見送るという判断を致しました。その詳細については、本学学長からのメッセージをご覧ください。



通常のように個別学力検査を実施できないのは誠に遺憾ですが、受験生の皆様に経済学部のアドミッション・ポリシー を踏まえた自己推薦書をご提出頂くとともに、大学入学共通テストの得点を積極的に活用することで、前期日程と後期日程の合格者を決定します。具体的には、前期日程では数学および外国語、後期日程では数学または外国語の個別学力検査の得点の代わりに、大学入学共通テストの同科目の得点を用います。しかし、単に得点を代用するだけとはせず、全体として数学と外国語の配点を高める調整を行うことで、前期日程では数理的・論理的分析力と国際コミュニケーション能力の両方に優れた受験生を、後期日程ではそのいずれかに特に秀でた受験生を選抜することとします。


コロナウィルス感染拡大という異例の状況下で、経済学部の受験を検討されている皆様は大きな不安を抱えながら準備を進められていることと思います。本学の公表した選抜方法を受けて、受験生の皆様が少しでも時間的余裕をもって受験準備を進められることを願っております。


現在、ウィルス感染拡大により国際的な人の移動が制限され、国内の経済活動も大きな制約を受けるなど、世界各国は深刻な景気後退に陥っています。この困難な時代を乗り越え、新しい時代を切り開く人材をいかに育てるかが、これまで以上に大学に求められています。こうした現状を踏まえて、横浜国立大学経済学部は、新入生に対して数理・統計分析やプログラミングの基礎知識と手法を学ぶ科目を用意するとともに、学部全体としてもデータサイエンス教育の拡充を図ることで、優れた人材を育成する専門教育を提供できるよう全力を尽くして参ります。ご入学を心よりお待ちしています。


2020年8月7日
横浜国立大学 経済学部長
佐藤 清隆


ページの先頭へ