学部紹介

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

経済学部は、数理的・論理的分析と国際コミュニケーション能力を重視しています。入学者は、高等学校における基本科目の幅広い学習に加え、数学や外国語の基礎的学力を備えていることが必要です。その上で、次のような意欲ある人を求めています。

  1. 数学、外国語の基礎的学力を備えた人
  2. 必要な情報にアクセスするだけでなく、自己の思考で整理し、さらに自ら情報を発信する力を身につけようとする人
  3. 知的好奇心に溢れ、新しい見方やアイディアを具体化し、世の中に貢献していこうとする人
  4. 市場システム・経済社会制度を学び、経済学的手法で経済社会の諸課題の解決に挑戦したい人
  5. 経済・社会・歴史・制度に深い関心を持ち、世界経済を長期的に展望する能力を育み、国際社会が抱える問題の解決に貢献していこうとする人
  6. 経済と法律にまたがる事象に関心があり、経済学と法学の基礎的素養を修得し、法律の専門知識が生かせる仕事に就きたい人

GBEEPアドミッション・ポリシー

Global Business and Economics 教育プログラム(GBEEP)では、上記の経済学部アドミッション・ポリシーを前提に、とりわけ経済学と経営学の両方に関心をもち、数学と外国語によるコミュニケーション能力に秀でた人材を求めます。

DSEP-Econ.アドミッション・ポリシー

DSEP-Econ.では、上記の経済学部アドミッション・ポリシーを前提に、市場システム、経済・社会・法制度等を学び、データサイエンスの手法に基づいて、現実の経済・社会が抱える諸問題の解決に挑戦したい人材を求めます。

LBEEPアドミッション・ポリシー

LBEEPでは、上記の経済学部アドミッション・ポリシーを前提に、リアルな現場の課題に立ち向かう資質を備えようという強い意欲を持つ学生、少人数教育のなかで能動的に学習したい学生、将来、社会において、法学・政治学を土台として、経済学、経営学、データサイエンスといった幅広い知見を積極的に活用して活躍することを志す人材を求めます。

カリキュラムポリシー

経済学部では、 ディプロマポリシーで掲げた人材を養成するために、以下の教育を総合的体系的に行います。

  • 数学・外国語・情報処理の基礎的学力を修得させる教育
  • 経済の理論・応用や地域の制度・歴史などについてバランスのとれた教育
  • 貿易港横浜を背景とした国際色が豊かな教育
  • グローバル化する経済の仕組みを理解させる教育
  • 地域の固有な条件(制度・歴史・商習慣・法制度・環境など)を理解させる教育
  • キャリア形成を支援する教育

GBEEPカリキュラムポリシー

  • 経済学を主専攻、経営学を副専攻として、経済学を学ぶことでマクロ的な分析能力や統計処理能力を習得させ、経営学を学ぶことで会計・財務分析能力など企業の経営戦略に必要な専門知識を修得させます。
  • 英語による専門科目を必修化することで、専門的な英語での思考能力を習得させます。留学(短期もしくは長期)を必修化し、実践的な国際交流教育を実施します。

授業科目体系

上記カリキュラムポリシーを元に、経済学部の基本的な授業科目は、以下の3点を意図して設けられています。

  1. 全学教育科目(基礎科目、外国語科目、健康スポーツ科目、グローバル教育科目、イノベーション科目)と学部教育科目(専門基礎科目、専門基幹科目、専門応用科目Ⅰ、専門応用科目Ⅱ、専門応用科目(その他))との連携をはかり、学部教育が幅広い教養と学習によって支えられるようにすること。
  2. 全学教育科目と学部教育科目に関する一貫した授業科目の体系化と深化とを図ること。
  3. 社会科学分野における基礎学力、語学や情報処理などの基礎的スキルをしっかり身につけられること。

このため、学部教育科目の授業科目体系は、次の各科目によって構成されています。

  • 専門基礎科目
  • 専門基幹科目
  • 専門応用科目Ⅰ
  • 専門応用科目Ⅱ
  • 専門応用科目(その他)
    • 特殊講義
    • 英語演習
    • 演習(ゼミナール)
    • 大学院共通科目
  • 海外学修科目
  • Global Business and Economics(GBE)科目

ディプロマポリシー

経済学部では、経済社会の重要な諸問題を把握し、明晰な分析力を備えて、問題解決の方向を探求する力をもち、必要な情報にアクセスしてそれらを分析、情報発信できる力をもった人材を育てます。

  • 日本企業の海外展開が進展する21 世紀グローバル新時代に、外国の 社会制度、文化、宗教、習慣などの多様性に対応できる国際的視点から貢献する人材
  • 新しい価値の創造や技術革新など世界に向けて新たな「知」を創造・発信するイノベイティブな人材
  • イノベーションの最先端でありグローバル企業が集積する国際都市横浜・神奈川地域をフィールドに経済学部の伝統的な強みと特色を活かし、日本社会が直面するローカルとグローバルの諸課題を解決する実践的人材